順番を間違えると大変なことに!お風呂掃除の正しい手順!

生活&雑記

お風呂掃除ってサボるとすぐにヌメリやカビがでてきて意外と大変・・

皆さんはお風呂掃除をするときどこから洗い始めますか?
お風呂掃除にも手順があり、間違えると知らず知らずのうちに汚れを残してしまっていたかもしれないのです!

この記事では効率の良い掃除の手順と、ちょっとしたポイントをご紹介します。

お風呂での正しい手順とは?

まず、お風呂は汚れた体を洗い流す場所なので、たくさんの汚れが存在しています。

  • 人間のアカ
  • 皮脂の汚れ
  • 石鹸のカス

その他にも水を使う場所なので水垢ができやすく、カビの温床にもなりやすいです。
それらの汚れを落とすとき、基本的に市販のカビ取り剤や、中性洗剤を使用します。

洗剤は使用後、水で洗い流すことになります。

必然的に洗い流すと水は上から下に流れていきますので、
上→下に掃除を進めていくのがお風呂掃除の正しい手順になります。

具体的には、

天井 → 壁 → 浴槽 → 床 → 排水溝

といった具合です。

この順序で掃除を行えば掃除し終えた床に洗剤や、上から流れてきた汚れがたまることを防ぐことができます。

では次に具体的な掃除方法をご紹介します。

掃除の方法をご紹介

1、まずは天井から

天井は一番掃除がしにくい場所なので普段掃除をしない方もいるのでは?
しかし、天井はお風呂場を清潔に保つうえで大切なポイントになってきます。

天井は掃除がしづらいうえにお湯を使うと水滴がつくので、カビが発生しやすいです。
発生したカビは増殖しその胞子が上から降ってきます。

なのでせっかく他の場所をきれいにしても、天井の掃除を怠るとお風呂場全体にカビが発生する原因になってしまうのです!

具体的な掃除の方法ですがフローリングなどの掃除で使用する柄のついた、クイックルワイパーのようなものが便利です。

柄の先端にカビ取り剤をしみ込ませた雑巾または、キッチンペーパーなどを取り付け拭き上げます。

この時上からカビ取り剤が降ってこないように、拭いている場所の真下にいないようにして下さい。

カビ取り剤の塩素は強力なので、地肌に付かないように長袖のシャツを着たり、ゴーグルなどを装着することをお勧めします。

拭き終わったら10分ほど放置し、同様に水拭きと空拭きをします。

2、

次は壁。
壁全体にお湯(40度前後)をかけ浴室を温めます。

その後、中性の洗剤をスポンジにつけしっかりとこすります。
普段のお風呂の掃除はほとんど中性洗剤でOKです。

肌にも優しく、どこにでも使用できるメリットがあります。

汚れがひどい場合はアルカリ性、又は酸性の洗剤が有効です。カビがこびり付いている場合はカビ取り剤を使用しましょう。

3、浴槽

浴槽も中性洗剤を使用します。まずは浴槽全体に洗剤を振りかけます。
その時も洗剤は上から下に流れるので、上部からぐるっと一周全体に振りかけましょう。

10分程度放置してからスポンジでこすると汚れの落ちが良いです。

4、

床は一番汚れがこびり付きやすい場所です。
長らくこびり付いた汚れは少しこすったぐらいではなかなか落ちません。

そんな時はおなじみ重曹とクエン酸を使います。

まずは床を軽く濡らし、クエン酸の粉をまきます。
次にその上から重曹を振りかけると炭酸が発生し、ジュワジュワと発砲するのであとはブラシなどでこすればピカピカになります。

重曹とクエン酸はそれぞれ100円ショップでも手に入れることができます。

5、排水溝

ここが一番イヤな場所ですよね!こびり付いた汚れを見ているだけで嫌になります。
ヌメヌメした汚れが溜まり、汚くなりやすい場所ですが放置すると臭いの原因にも!

放置しがちかもしれませんが、ここを綺麗にしておくことでお風呂にも気持ちよく清潔に入浴できますので、しっかりと掃除することをお勧めします。

排水溝の掃除でも先ほど出てきた重曹とクエン酸が活躍します。

最初に蓋やカバーなどをすべて外し、髪の毛などの大きなごみを取り除きます。
そして先ほどと同様にお湯で濡らした後クエン酸をまき、その上から重曹を振りかけます。

発砲した後は、こすり洗いするだけです。
使い古しの歯ブラシなでを使うと細かいところまで磨けるので掃除しやすいです。

おわりに

お風呂は毎日入るものなので、いつでも清潔に保ちたいという気持ちはあるものの、ついつい掃除をサボってしまいがちです。お掃除の手順を間違わなければ、洗い残しもなくきれいな状態を継続できます。清潔で快適な入浴時間を楽しみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク